SNS向きでない長文転記場所

5年くらい前に他で公開した文章をほとぼりが冷めたころに転載したものです

滋賀県はまだ浅井三姉妹の顔はめ看板が多い

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201109003223j:plain

温かくなってきました。
冬のうちは琵琶湖西岸とか、北部に行くと雪で大変な目に遭うことが多いのですが、さすがにこの季節になると積雪もほとんどありません。
そこで、以前から気になっていた小谷城跡に行ってみることにしました。
小谷城跡は、琵琶湖の東岸に位置しており、浅井長政の最期の地として有名です。
どうも城マニアにはかなり知られた場所のようでして、当時の城の遺構がそのまま残っている貴重な場所だとのこと。
個人的には城にはあんまり興味はなくて、いい景色が見られたらそれで満足なのですが…。

北陸本線河毛駅から、レンタサイクルで約10分くらい。
さすがに米原より北側に来ると、遠くに来た気分が強まります。
ふもとの「ガイドステーション」なる施設に自転車をとめて、山城への登山に出発です。
まあまあそこそこ勾配はきついですが、1時間もしないうちに城跡に到達できるし、登山道も整備されているのでそんなに苦労しませんでした。
城跡は眺望の良い場所はごく限られており、基本的には林の中です。
確かに石垣とか、築城の際に造成された地形がそのまま残っているのですが、残念ながらあんまり私は興味がなく…。
見晴らし台からは、琵琶湖が見られて良い景色でしたが、欲を言えばもう少し琵琶湖に近ければよかったかな。
ちょっと前に大コケした大河ドラマ「江」のロケ地だったとかで、顔はめ看板とかロケの様子を示した写真パネルとかが飾ってありました。
信長ゴーストが江の背後霊となったおかげで、馬に乗れないはずの江が馬で逃げたとかのオモシロ展開で炎上してしまったことを思うと、涙を誘います。

下山中にすれ違った年配の方のグループから道を聞かれたので、家でプリントアウトして持参した地図を進呈しました。
「学生さん?」とかいわれましたが、残念ながら37歳です。

写真は小谷山中腹からの風景。
琵琶湖に浮かぶ竹生島が見えます。
左手前にある山は「虎御前山」。
浅井長政を滅ぼした際に信長が布陣した場所です。

(2015年03月15日)

横文字にすればいいってもんじゃないってことを肝に銘じておいてクダサーイ

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201101231133j:plain


世間とも足並みをそろえようというのか、私の勤めている会社では
ダイバーシティ(多様性)の推進」
というのが流行り言葉になっています。
会社側と労働組合が足並みそろえて、とにかく「ダイバーシティ」なのですが、同じ言葉使っているのによくよく聞くと両者で定義が異なっているようです。

会社側が言う「ダイバーシティ」というのは、
「多様な出自、能力を持った人が、同じように全力で働く」
ことです。
このため、外国人や女性、または中途入社の採用活動が盛んです。
しかし、いわゆる「働き方の多様性」については、ほとんど省みられていません。
会社としては、とにかく社員に死ぬほど働いて欲しいのだから、当然といえば当然でしょう。

一方で労働組合の言う「ダイバーシティ」というのは、
「同じような意見を持った人が、多様な働き方を選択する」
ことです。
組合が発行する新聞でも、短時間勤務、産休、育休、介護休暇などが成果として華々しく宣伝されています。
ただし、そもそも労働組合というものは、支持してくれる社員の数こそがその権力の正当性の源となります。
よって、社員がいろんな意見を持っていて労働組合に権限を委譲しない、という事態はなんとしても阻止しなければなりません。
よって、ムラ的、独裁国家的な閉鎖主義が蔓延しており、多様な出自を受け入れる体質とはとてもいえません。

各々が「ダイバーシティ」を唱えていても、定義がこれだけ違っていたら話がかみ合うわけがありません。
世間一般に言われている「ダイバーシティ」というのは、
「多様な出自、能力を持った人が、多様な働き方を選択する」
ことなのでしょうが…。


もう一つ似たような例で思い出すのが、最近異動した先の部署の若手が担当させられている「文書整備」です。

彼は新入社員の頃に、まずは仕事を覚える導入として部署間で使用する依頼書とか手順書などの簡単なフォーマットを作成する仕事を担当していました。
これを「文書整備」と称しています。

その後、彼は「文書整備」の経験が豊富だということで、研究から工場での生産に移行するにあたって必要な決まりごとについて、いちから作り上げる仕事が割り当てられています。
えらい方々は揃いも揃って
「おまえは『文書整備』やってきたのだからできるだろ」
といって丸投げしているのですが、当人は手の付け所がわからずに頭を抱えています。

これは当たり前の話です。
どちらも「文書整備」には間違いないのですが

  • エクセルで書類のフォーマットを作る仕事
  • 社内の規定の体系化を行い、どんな文書が必要かを割り出す仕事

は全然別物です。
いうまでもなく、後者のほうが難度はずっと高いです。

このような状態にもかかわらず、今の部署のえらい人々は具体的な指示を下さないために、当人は戸惑っているようです。

私が社会人となって以来、この手の定義のゆらぎが原因となった非本質的な混乱はいやというほど見てきました。
ダイバーシティ」の話は、おそらくは会社側と組合側は半ば意識的に共犯関係を結んでいるのでしょうが、「文書整備」の話はえらい人々が定義の混乱に全く気づいていなさそうなのが本当に情けないですよ。
若き日のルートヴィヒさんが夢見たような要素命題の真理関数の集合体としての人工言語がいいとは言いませんが…。

 

画像は、ダイバーシティからの完全なる逆行です。
人の顔見ただけで「外国の方だ」というのもひどい話ですが。

(2015年03月15日)

私の新大阪八景

大阪市内生まれ大阪市内育ちの私ですが、年に1回くらい

大阪のオススメ観光スポットを教えてください

という質問をされます。
大阪城USJ通天閣、道頓堀という超有名スポットは私が教えるまでもないし、だからといってネットで紹介されているようなダークツーリズム的なものはハードルが高いし…。

少し前に四国に旅行に行ったときに、「四国八十八景」なるものが制定されているのを知りました。
https://www.skr.mlit.go.jp/kikaku/88-kei/

これは、四国のオススメSNS映えスポットをまとめたもので、昔から知られているものから最近有名になったものまで網羅されています。
これはとてもよくできていて、この八十八景を訪れるだけでそれなりに旅行の指針になるのです。
しかし、八十八景も集めるのはさすがに大変なので、八景のほうが一般的なようです。
古くは広重の「江戸近郊八景」が有名ですし、それ以外にもスケールの大きいものでは「日本新八景」、ローカルなものでは「調布八景」「室蘭八景」「枚方八景」などがあります。
では大阪はどうかというと、すでに田辺聖子による「私の大阪八景」という有名な本があります。
Amazon.co.jp: 私の大阪八景 (角川文庫) eBook: 田辺 聖子: Kindleストア

しかし、この本は短編小説集であり、これを読んでも大阪のおすすめスポットを知ることはできないでしょう。
(短編小説集としてはとてもよくできた面白い本ですが)

そこで、試しに私が考える「新大阪八景」なるものを作ってみました。

www.google.com
その1:西梅田駅員によるパンチカスアート

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025205302j:plain f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025205417j:plain

(拡大写真)
f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025205342j:plain
切符にパンチ穴をあけた際に発生する「パンチカス」を使ったアート作品。
地下鉄駅員が作ったアートがすごい!切符のカスで300時間かけ…
2015年に第一弾が発表されて一瞬バズったものの、当時の「もう二度としない」という誓いを破って発表された第二作目は全くと言っていいほど話題にならなかった悲しいアート作品。
人通りのない寂しい場所に展示されていますが、実際に見ると見事です。

 

その2:福島駅ホームの「キクちゃんレンタカー」広告看板

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025205919j:plain

こんなに安くてインカ帝国!!のキャッチフレーズとともに、漫画のようなウィンクが印象的なキクちゃん社長の写真。
これほどパーフェクトな宣伝看板を私はこれまでほかで見たことがないように思います。

 

その3:十萬寺の「痔の石」

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025210315j:plain f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025210351j:plain

住宅街の中に立つ「佛足 痔の石」というインパクトのある石柱。
寺の門はいつ見ても閉まっていて詳細は不明です。

 

その4:大阪会議跡地のレリーフ

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025210825j:plain

五代友厚大久保利通板垣退助木戸孝允井上馨の5人により、立憲政治が合意されたことを記念するレリーフだそうです。
細長い、普通のビルに何の説明もなくおっさんたちが集結しているのは、詳細を知らない人を困惑させる不思議な力を持っています。

 

その5:難波宮

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025211002j:plain

それまで文献でしか知られていなかった難波宮の所在地は、戦後になってようやくその遺構が発見されるに至りました。
しかし、奈良の平城宮跡と違って発見されたのが遅く、すでに周囲には多数のビルが建っていたため、かつての難波宮のうちごく一部のみが公園として整備されるにとどまったのです。
見た目は、都会の真ん中に突如現れる、単なる水はけの悪い広場。
一等地にありながらも、いつも水でびちゃびちゃなためにあまり居心地のよくない印象です。

 

その6:天保山船場

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025211402j:plain f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025211442j:plain

大阪市が運営する8か所の渡船のうちの一つ。
ユニバーサルスタジオ駅の隣、桜島駅から徒歩10分のところに渡船場が存在します。
周りは工場だらけ。
自動車を利用しない場合、USJから天保山にわたる最短ルートなうえに、無料なのにあまり知られておらず、観光客が使うことはまれなように見えます。
昼間は30分に1本の運航です。

 

その7:開運パワースポット自販機

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025211704j:plain f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025211732j:plain

最安50円から飲料を買うことのできる激安自販機。
「これがウワサのパワースポット自販機だす!」だそうですが、私はこの自販機の噂を聞いたことがありません。
すぐ近くには小さな地蔵堂がありますが、たぶんこの自販機とは関係ないでしょう。

 

その8:木津川駅

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025212026j:plain

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201025212101j:plain
大阪の比較的中心近くにありながら、昼間は30分に1本というローカル線並の本数しかない難解汐見橋線
なかでも木津川駅は、地元の人もあまり利用しないようで、ホームからの光景も荒涼としています。
たまに、廃墟っぽい写真を撮りたい人が、撮影に利用するようです。

 

さて、いかがでしたでしょうか?
みなさまの大阪観光の一助になれば幸いです。

琵琶湖横断

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201018210403j:plain

一般的に、琵琶湖には3つの島があるといわれます。

一つ目は「沖島」。
琵琶湖にあるなかでは、いちばんおっきいしまです。(「おきしま」だけに)
琵琶湖内にある中では唯一の有人島ですが、山がちな地形なので人が住んでいるのはごく一部の場所だけ。
2012年5月に行ったことがあるのですが、本当に人が住んでいるだけのごくごく普通の場所でした。

二つ目は「多景島」とかいて「たけしま」と読みます。
いうまでもないことですが、たけしまは日本固有の領土ですよ。
島を見る方向によって様々な形に見えることから、この名がつきました。
島全体が見塔寺というお寺の敷地ですが、定期便が一日一往復しかなくてかなり訪問は辛いです…。

ということで、三つ目の「竹生島」にいって見ることにしました。
竹生島へは長浜、彦根、マキノ、今津などから定期便が出ていますが、今回は琵琶湖東岸の彦根から竹生島に渡り、そこから西岸のマキノに抜けるルートを選択しました。
琵琶湖横断です。

竹生島には西国三十三箇所のひとつである宝厳寺があります。
宝厳寺は日本三大弁才天の一つとのことで、あと二つは厳島神社と、江島神社
なんか、宝厳寺だけがダントツで知名度が低いような気もしますが…。

島はほとんど岩礁に近く、急な階段を上ったり降りたり。
4歳くらい?の子供が階段を上って本堂にたどり着いたのはいいものの、降りるのが怖くてぐずっていました。
うん、その気持ち、わかるぞ!
私も階段上るのがけっこう怖かったです。
そのかわり、全体的に高いところにあるおかげで景色は最高です。
「偉大なるしゅららぼん」なる映画のロケ地としてこの島の龍神遥拝所が使われたそうで、ファンとおぼしき観光客の方々がけっこうたくさん来ていました。

竹生寺からマキノへの便は、乗客はなんと私だけ。
ほとんどの人は往路をそのまま帰っていくようです。
まあ、マキノは交通がやや不便なので…。
しかも、ホテルの敷地内にある簡易桟橋に停泊するので、ホテルのレストランで食事していたお客さんがいっせいにこちらを向いてすごくはずかしかったです。

マキノにわたってからは、久々に琵琶湖岸をおさんぽです。
今日はいい天気…。
琵琶湖の北のほうは、コンクリートの護岸工事がほとんどなされていないので、そのまま湖面にアクセスできるところが多いのです。
桜の季節、「湖水浴」の季節になると人がたくさん訪れるのですが、今の季節は観光客もほとんどおらず、静かな雰囲気でした。

写真は宝厳寺の鳥居です。
宝厳寺は都久夫須麻神社と一体化しており、いたるところに鳥居が散見されます。

(2015年03月08日)

 

「すイエんサーガールズ」はほとんどが「ピチレモン」関係者(豆知識)

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20201012223345j:plain

ちょっと前から子供の理科ばなれとかいうのを耳にするようになりました。
おととしアメリカのバージニア工科大に出張で行ったのですが、そのときに聞いた話では、アメリカでも似たような現象が起きているようです。
あちらでは理系の仕事は給料が安いので、白人の青年は弁護士とか投資家とかになりたがり、技術系の仕事は移民とか有色人種のお仕事となりつつあるとのこと。
純粋な学問的興味のお話ではないので、日本の例とは違うのかもしれませんが…。

理科離れを食い止めるためとかで、各地でサイエンスカフェとか科学教室なんかが盛んです。
大阪でも数年前にできた「グランフロント」という大型の商業ビルに、ナレッジキャピタルなる交流施設?のようなものが作られており、一角では科学関連の展示が並んでいます。
電気自動車、介護ロボット、ウェアラブルバイス…。
どれも未来な感じではあるのですが、私の思うに実際に技術開発や大学などの研究、製造に携わっている人の多くが感じている興味からは、ずれているような気がしています。
最終消費者が持つ興味と、(中間製品を含む)生産者が持つ興味の違いとも言えるかもしれません。

技術開発や研究に携わっている人の多くは、最終製品に直接触れることはありません。
多くの人が見ているのは、例えば
「自動車を作るための機械を作るための機械を作るための工具の開発」
スマートフォンの中にある回路のなかにある微細な部品を作るための装置をメンテナンスするための装置」
とかいうように、消費者の目に触れるものからははるか遠く隔たったものだったりします。
すると、彼らが日常的に興味を持つのは、そういった遠く隔たったものの性能を示す特異な測定であり、測定した値なのです。
これはこれで(肌に合えば)面白いものなのですが、「Newton」とかの科学雑誌を読むような面白さとは明らかに異なります。

娚の一生」という漫画があります。

娚の一生(1) (フラワーコミックスα) | 西炯子 | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon

主人公の女性は、四つ葉電気という大手電機メーカーに勤めており、若くして原発関連の部署の課長職となった有能な人物です。
彼女が田舎に帰ったとき、周囲の人間に壊れた家電を見せられて、四つ葉電気製の洗濯機などを修理する場面が出てきます。
漫画の細かい部分に文句を言いたいわけではないのですが、これは現実味がかなり乏しいといえるでしょう。
少なくとも私には無理無理無理のかたつむりです。
現代の機械のほとんどは複雑化+電子化されすぎていて、ひとりの人間が装置のすべてを理解するのは不可能に近いからです。
かつては機械好きな人だったら壊れたカメラを修理するのは簡単だったのですが、今のデジカメをひとりで修理するのは困難なのです。

各人の担当分野が最終製品から遠くはなれて細分化されてしまった結果、それぞれの興味範囲もその担当分野に限られてしまっています。
先ほど挙げた例だと、
「自動車を作るための機械を作るための機械を作るための工具の開発」
をしている人が自動車に興味をもっているかというと、必ずしもそうとは限りません。
むしろ、自分の作った工具が自動車開発にどう活かされているか、ちゃんと見たことのある人のほうが少ないと思います。
なぜなら、工具のユーザーにとっては自社工場は企業秘密であり、工具メーカーにおいそれと見せられるものではないからです。

数年前に「専門知と公共性」という本を読んだのを思い出します。

専門知と公共性―科学技術社会論の構築へ向けて | 藤垣 裕子 |本 | 通販 | Amazon

この本では政策を決定する上で、専門知識をもつ専門家と、当事者たる市民の間でどう折り合いをつけるかが問題となっていました。
しかし、実際は専門家といえども当該科学分野すべてについて詳しいとは限らず、一人の人間が把握できる範囲を超えてしまっている場合が多いのです。
この場合、専門家と市民の知識共有以前に、専門家同士のすりあわせが必要になるのですが、実際はこれを厳密な意味で実施するのは困難でしょう。

冒頭で「サイエンスカフェや科学教室の展示は、実際の専門家の興味分野とは異なる場合が多い」旨を述べましたが、だからといってこういう展示を否定してしまっては科学選民主義におちいります。
このあたり、折り合いをつけることは非常に困難なのでしょう。

(2015年02月28日)

小豆島はかつて「あずきしま」と呼ばれました

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20200913225239j:plain小豆ちゃん萌え!と聞いて、何を思い浮かべますか?

なかよしに連載していた漫画「あずきちゃん」を思い浮かべたあなた!
原作者であり、今ではCool Jpana的コンテンツの代表格たるAKB48の総合プロデューサー秋元康と似た、最先端の感覚の持ち主です。
同時期になかよしで連載していた「怪盗セイント・テール」(手品ブームの火付け役)とか、「きんぎょ注意報」(近年海外で人気の日本産金魚を扱った漫画の先駆け)なども読み返してみると、ますます感性が鋭敏になるでしょう。

変態王子と笑わない猫。 」に出てくる小豆梓を思い浮かべたあなた!
英国の作家オスカー・ワイルドを敬愛する主人公横寺陽人と似た、文学的素養の持ち主です。
小豆梓が読んでいる「小公女ガメラ」なる謎の小説を想像することで、ますますその才能が研ぎ澄まされるでしょう。

あなたはどちらでしたか?


という無理のない導入部からみなさんご想像つくように、小豆島に旅行に行ってきました。
いつぞや書きましたが、もうすぐ職場が異動となるので、それまでの比較的暇な間に休みをとっておこうと思ったのです。
季節柄どこも完全なるオフシーズンで、どこに行こうか迷うでござるよオゥフオゥフデュフフとか考えた結果、比較的温かそうな小豆島を選択したのです。

小豆島の名産品といえば、1にオリーブ、2に醤油、3、4がなくて5にそうめん、番外として「かどやのごま油」という感じ。
ということで、観光の中心もオリーブです。
島の南側にある小豆島オリーブ園は、オリーブグッズを販売するオリーブ記念館とか、日帰り温泉が設置されており、一大観光地となっていました。
どうもギリシャの景観を目指しているようで、ギリシャ風の風車があらゆる観光案内に掲載されており、確かに実際行ってみると絵になります。

イラストマップ | 道の駅 小豆島オリーブ公園 公式サイト

しかし、ふもとに見えるは典型的な瓦の日本家屋。
そして、風車内部への出入り口は昔風のアルミサッシ扉。
「きれいな写真」を撮ろうとすると、極端にアングルが制限されますよ。
お土産屋さんに売っていた、オリーブサイダー、オリーブソフトクリーム、オリーブグラッセ、オリーブようかんなどの一連のオリーブ系食品はどれもおいしかったです。

もう一つ有名な観光地は、島の南西部にある「エンジェルロード」。
これは、小豆島国際ホテルの敷地内にある小さな岩礁と、小豆島本島を結ぶ陸地なのですが、一日のうち干潮の6時間ほどだけ海面上に現れるのです。

エンジェルロード | 小豆島シーサイドリゾートホテル 小豆島国際ホテル - 観光、デートスポット「エンジェルロード」を一望できる絶景のホテル

観光パンフでみるとすげーきれい!
ここを天使が通っていくのでしょうか…。
ということで天使に会いにいってみたところ、道の真ん中はきれいなのですが、岩場は海草がへばりついていてすげー滑ります。
そして、奥のほうの島に行こうとすると岩場を通らざるを得ません。
かなり気をつけないと、うっかりこけて怪我をしかねません。
まさに「天使も踏むを恐れるところ」です。

それ以外にも、「二十四の瞳映画村」とか、名勝「寒霞渓」なども見ることができて超満足です。
バスの窓から、海のすぐ横に位置する小学校を見かけたので行ってみたところ、映画「魔女の宅急便」のロケ地になったところでした。
今では廃校になってしまったのですが、地元の方に公民館として使われています。
校庭の片隅に開校100周年記念のタイムカプセルが埋められており、
「2027年の運動会の日に開封する」
という石碑があったのは切なかったですが…。

写真は小豆島オリーブ園のギリシャ風車の横から見る景色。
海も見えて、これはこれでいい景色なのだから無理にギリシャ目指さなくてもいいように思います。

(2015年2月21日)

 

伊江島じゃないよ。家島だよ。

f:id:odyssey_in_the_sky_with_DEMPA:20200831230530j:plain

姫路沖に浮かぶ家島に行ってきました。
姫路駅からバスで姫路港まで30分。
そこから一日15往復程度の船便でさらに30分。
離島ではありますが、比較的アクセスはよいです。

同じく瀬戸内海の東のほうに位置する直島諸島は観光に力を入れているのに対して、家島諸島はあまりそういった印象はありません。
訪れてみて、その理由はよくわかりました。
家島諸島では採石業やこれに付随する海運業、造船業、建設業が盛んなのでわざわざ観光に頼る必要がない上に、これらの産業は景観を犠牲にして成り立っているので観光客の誘致も困難なのです。
今日は日曜日だというのに、港のあちこちでアーク溶接している人や、モーターらしきものの組み立てをしている人がいましたよ。
漁船も見当たりましたが、むしろ少数派のように見えました。

古くから「家島十景」として、家島諸島のなかで景色のよい場所が七言絶句とともに言い伝えられています。
そのうちのひとつ「観音崎月」は、家島諸島の南東にある観音崎から見える「鰈岩」を望む場所にあります。
町から徒歩30分くらいでいけるということで、テクシーで頑張ってみましたがなんか「立ち入り禁止」の看板。
気にせずずんずん進むと、かつての採石場後のような場所に出ました。
私の世代にとって採石場といえば、すぐに仮面ライダーなどでの戦闘シーンを思い出します。
仮面ライダーと言っても、♪シャバドゥビタッチヘーンシーン!!とかではないです。
ライダー神風でもないです。
(参考:ライダー神風 全八話 - ニコニコ動画
もっとトラディショナルな、異次元空間で怪人と戦闘するタイプのものです。
それはそれとして、対岸には採石により丸坊主となった男鹿島。
ある意味絶景ですが、崖の部分はそのままなので危険です。

観光案内所にはろくな地図がなく、しかも道が省略されていたりするので、今日一日だけで何回も道に迷いました。
お土産屋さんの貧弱さからみても、観光客を相手にしようという気持ちがあまりないですね…。

写真は島の南東部にある採石場跡。
対岸に見えるは、採石のために丸坊主となった男鹿島。

(2015年2月8日)