SNS向きでない長文転記場所

5年くらい前に他で公開した文章をほとぼりが冷めたころに転載したものです

仁和寺から金閣寺へ

NHKのBSで放映している「新日本風土記」という番組が好きです。本放送は金曜日の夜9時なのですが、私は土曜の朝6時の再放送を見ることが多いです。昨日は四国八十八ヶ所のお遍路がテーマでした。私も仕事さえなければのんびりめぐってみたいものですが、残念…

フランステロに思う

テロテロ、エブリバディ~!♪(BGM) ということで、フランスの事件で海外メディアのニュースはテロ一色の一週間でした。「パリの中心で、アラーアクバルをさけぶ」というやつですね。ムハンマドの神聖と、言論の自由の神聖。自らの信念が他者の信念よりより…

「本当は女子にこんな文庫を読んで欲しいのだ」フェア

紀伊国屋書店渋谷店で開催された「本当は女子にこんな文庫を読んで欲しいのだ」フェアが大火事(大炎上)を起こしてしまったようです。 紀伊國屋書店の「本当は女子にこんな文庫を読んで欲しいのだ」フェアがプチ炎上し光速で終了 - NAVER まとめ 喧嘩と火事…

初参り

お正月休みで実家に帰ってきております。私の実家は天王寺にあり、奈良、京都へは片道1時間くらいで行ける距離。お正月はみなさん初詣に行くので神社はすごく混むのですが、お寺は意外と空いているのです。 ということで、元旦には両親と祖母と一緒に東大寺…

意識を高く持とう!

本日は仕事納めということで、今年一年を振り返ってみます。 2014年の目標は「インパク知を目指す」でした。って、何コレ?自分で確かに立てた目標ながら、意味不明です。これ、どーせーっちゅうねん。大好きだったボキャブラ天国を思い出して、語感重視で適…

ファントム空間論

手足を失った人が、まだそこに手足が存在するかのような感覚を覚えるという現象はよく知られていて、一般的にこの感覚は「ファントム感覚(phantom sensation)」と呼ばれています。むかし何かの本でこのファントム感覚の理論を応用した「ファントム空間論」…

消費者向け商売の難しさ

先日、中国産メタミドホス入り餃子事件が終結しました。 中国製ギョーザ中毒事件、被告に無期懲役判決 :日本経済新聞 この事件により中国の天洋食品は消滅にまで追い込まれました。似たような食品に関わる事件は何度もおきていて、すぐに思いつくだけでもミ…

男子大学生が就職すると太るという神話(フトゥルー神話)

ちょっと前に中島啓子が急死しました。体重が150kgを越えていたそうですが、やはりあれだけ太っていると健康へのリスクも大きかったのでしょうか?数日前まで普通に活動していたとのことでびっくりです。 同じく肥満体であったナンシー関が亡くなったのは私…

俊寛僧都とは関係ありません。

最近、受験勉強や大学での研究を通じて人間的に成長する青年を描いた長編物語を読破しました。もともとは頼りなかった主人公が、トラブルにも動じない立派な研究者に、そして愛する妻と結婚した夫へと変化していくさまは、かつてのドイツ教養小説を思わせる…

こんな頭おかしい文章書いておいてよくいうよ

私は会社が好きではありませんし、会社で長時間働くことにはほとんど意味を見出さない人間です。しかし、働き始めて10年余りで得たものもありまして、その一つが「頭の中を言語化する能力」です。 言葉にすれば消えちゃう関係なら言葉を消せばいいやって思っ…

おっさん「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり」

またしても時期を逸したお話です。今年の9月にNHK公式ツイッターアカウントの初代担当者(通称「NHK_PR 1号」)がすでに退職していたことが発表されました。そしてそれ以上に話題になったのは、この担当者が40代のおっさんだったことです。たとえば、彼のNHK…

第54話 さくらと思い出のカレンダー

神戸市須磨区に位置する須磨寺は源平ゆかりの古刹として知られ、街から近いこともあって今でも人手でにぎわう場所です。しかし、私は今まで須磨寺は訪れたことがありませんでしたので、山陽電鉄に乗って須磨寺を訪れてみました。 須磨寺公式サイトの「歴史年…

「シルバー」から「アルジャン」への言い換え

兵庫県朝来市にある生野銀山に行ってきました。 http://www.ikuno-ginzan.co.jp/ たしか、中学校のころに遠足で来たことがあったはずですが、もう完全に忘却のかなた。しかし、敷地の入り口に明延鉱山で使用されていた「一円電車」なるトロッコが展示されて…

ノーベル賞と京都賞

ノーベル賞関連のニュースがひと段落したら、今度は日本で最も権威ある賞のひとつである、京都賞の季節がやってきました。今年の「思想・芸術部門」の受賞者は志村ふくみ。一般にもとても人気のある染色作家で、いろんなところで個展やら企画展やらが開催さ…

非現実のサクラは、かくも満開に咲く。

今日は本当は出勤日だったのですが、あんまりお仕事が詰まっていなかったのと、昨日遊びすぎて疲れたので半休をいただきました。ハンキュウベリーマッチ。 おととい、「久坂葉子がいた神戸」という企画展を目当てに、神戸文学館なるところに行ってきました。…

エボラ出血熱と金属盗難

オーストラリアでは西アフリカからの入国が禁止されたそうです。 豪州、西アフリカからの渡航を制限 エボラ熱対策で :日本経済新聞 ボランティアでエボラ流行国を訪れる人は尊いのですが、細菌を連れて帰られるのは迷惑千万というふうに思う人も多いのかもし…

「竹輪」は典型的な重箱読み

ちょっと前に丹後半島に旅行に行ったときのことです。 伊根の舟屋めぐりの観光船案内所で、天橋立名物の焼きたて黒ちくわなるものを売っていました。 白人の観光客がカウンターのおばちゃんに、英語で 「これはナンデスカ?」 みたいなことを聞いていたので…

【要約】会社いきたくないよう

気の抜けたビールのようないまさらな話ですが、安倍首相が東京オリンピック誘致の際に Some may have concerns about Fukushima.Let me assure you, the situation is under control. と言ったことが話題になりました。 夏休みに「愛と暴力の戦後とその後」…

帰りたくないけれど現実へ帰らないといけないのもの

先週天橋立に行ったときにも思ったのですが、日本中どこに行っても「歌碑」なるものが大量にあります。松尾芭蕉なんかはまさにそうなのですが、かつての日本においては歌枕を訪れることが旅行の大きな目的でした。過去の歌人や物語中の人物と同じ場所に立つ…

丹後の発見と探検

数年前まで、京都駅からはタンゴディスカバリー、新大阪駅からはタンゴエクスプローラーなる特急が走っていました。どちらも目的地は、宮津や天橋立を中心とした丹後地方。遠くへ行く特急のアナウンスを聞くと、それだけで旅行に行きたくなります。どちらの…

死人にくちなしとは言うものの

土井たか子が亡くなりましたが、直後に百田尚樹が彼女を批判したことで話題になっています。新聞赤旗なんかは激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム状態ですが、私にとっては他人事なので、赤組がんばれ白組がんばれという印象です。 百田氏が…

田村ゆかりさんじゅうななさい

朝日新聞が従軍慰安婦関連の誤報で袋叩きにあっています。 当該の問題については右や左のだんな様が事実を明らかに?しようとがんばっていますが、実際のところは無理無理無理のかたつむりでしょう。 「真実はいつもひとつ!」なんて言葉もありますが、戦地…

オーソレミーヨ

イタリア民謡で有名な「オーソレミーヨ」というのは、 「人生で一度は霊場恐山を訪れて、自らの死について思いをめぐらすべし」 という意味であることはほとんど知られていません。 私も21回目の17歳を迎え、人生のほぼ折り返し。 大人の落ち着いた男性とし…

孤高の天才とかいう中二設定

ちょっと前に東大が立ち上げたプロジェクト「ROCKET」なるものを見て、なんとなくもやもやしていたものを書いてみます。 http://rocket.tokyo/ リンク先を見ていただければ趣旨は一目瞭然ですが、才能はあるのに集団生活になじめない人を発掘して、将来のリ…

遠くにはハルカスも見えます

奈良県は高取町にある、高取城跡に行ってきました。 私は直近まで関西にいながら高取城跡のことは知らなかったのですが、日本三大山城と呼ばれる名遺構だそうです。 (あとの二つは山城新伍と山城葉子…ごめんなさい。) 近鉄の壺阪山駅から舗装された平坦な…

そんなロマンは捨ててしまえ!

昨日は私の誕生日だったせいか、日本やアメリカの色んなところで追悼式典が行われたようです。 しかし、個人的には昨日の最も大きなイベントは、勤めている会社で経営会議なるものが開催されたことでした。 いま所属している部署では開発が遅れに遅れ、いつ…

人生はデーヤモンド

大阪府最高峰の金剛山は、奈良に都があった古代から、少量ながらダイヤモンドが採掘されたことで有名です。 天平期にはシルクロード経由で日本にもガラスの器が入ってきましたが、これはどちらかというと貴族向けの贅沢品でした。 一方で、ダイヤモンドはガ…

ささいに心にひっかかること

お仕事再開にて現実に帰ってきました。 ♪かえーってきたぞ、かえーってきたぞ、うーるーとーらーまーん ウルトラマンと言えば思い出すのが、むかし雑誌で見た投稿です。 ウルトラマンに出てくる三面怪人ダダと、大阪の地下鉄のマークが似ているというもので…

みんなどこにいったのか?

大学の頃、私の所属していた団体の部室に「会誌」なるA3大のノートがすえつけられていました。 思えはあれは今でいうツイッターのタイムラインに似ていて、会員が好き勝手なことを適当に書き散らしていたものです。 曰く 「○○の単位落とした」 「今週のドカ…

淡嶋神社でリア充に出会う

盆休みです。 Bon Vacation!ボンバケ!(しつこい) 私は実家に帰ってきているのですが、実家近くの学習塾も盆休みです。 そういえば、出歩くと中学生とか高校生の姿も、8/10の週前半よりも多いように感じます。 受験生にとっても、つかの間の休息なのかも…